総合トップ > 法人のお客さま > ガスシステムのご紹介 > システムラインナップ > GHP(ガスヒーポン)

GHP(ガスヒーポン)

GHP(ガスヒーポン)とは?

GHP(ガスヒーポン)は、コンプレッサーの駆動をガスエンジンで行い、エンジン排熱を利用することで、効率的でパワフルな暖房を実現するシステムです。
また、個別制御運転や、空調料金按分が行えるほか、バリエーションも豊富で、様々な用途に対応できます。

ガスヒーポンの構造
自動車のエアコンと同じシステムでエンジン排熱を回収し、暖房時に温水をつくり熱交換部に送って霜を防いだり、暖房に回して能力を高めたりしています。

ガスヒーポンのしくみ

一般に液体が気化すると、まわりから熱を奪い、逆に気体が凝縮して液化するときには熱を発生する性質があります。この性質を利用し、冷媒をコンプレッサーにより圧縮・膨張させ、強制的に気化と液化を繰り返し、冷・暖房を行う仕組をヒートポンプサイクルといいます。ガスヒーポンと電気式ヒートポンプはコンプレッサーの駆動をガスエンジンで行うか、電気モーターで行うかが違うだけです。

ガスヒーポンのしくみ

ガスヒーポンの普及状況(年度末設備容量累計)

ガスヒーポンの普及状況(年度末設備容量累計)

メリット

メリット1小電力で低ランニングコスト

ガスヒーポンの消費電力は電気エアコンの約1/10です。
そのため、契約電力を抑えられ、大幅なランニングコストの低減となります。

メリット2パワフル&スピード暖房

ヒートポンプ方式の冷暖房に加え、ガスエンジン排熱を有効に利用するため、暖房の立ち上りが早く、外気温が低下しても、安定した暖かさが得られます。

メリット3除霜運転不要

ガスエンジンの排熱利用で霜取り運転が不要。厳しい冬の時期、霜取り運転中の不快な冷風がなく、室内はいつも快適です。

メリット4静かな運転音

ガスヒーポンは静音設計により、運転音が大変静かです。
同容量の電気エアコンと比較しても同程度の静音性を発揮します。

適用する業種
オフィスビル

オフィスビル

少ない電力使用のガスヒーポンの採用で、電気料金の削減を実現。

大規模店舗

大規模店舗

空調コスト、経営コストの削減を実現。

飲食店

飲食店

ガス厨房システムにより、おいしく、スピーディな調理と低コストを可能にする3S+3C厨房が実現。

ホテル

ホテル

一部屋、一部屋をより快適にします。

病院・老人保健施設

病院・老人保健施設

医療経営を取り巻く様々な課題を空調の面から解決します。

学校・専門学校

学校・専門学校

空調・電気・給湯と複数のエネルギー供給によりトータル・コストを削減。

工場

工場

作業環境の整備と、環境保全の課題にお応えします。

空調リプレース

空調リプレース

GHPのリプレース(入れ替え)で、省エネルギー性を向上。

適用するガス料金
小型空調契約
小型空調機器を年間を通じてご利用のお客さま向け。
空調用A契約
年間を通じてガス冷暖房設備を長時間使用するお客さま向け。
空調夏期契約
夏期(5月~11月)ご利用のお客さま向け。

※冬期(12月~翌年4月)は一般料金か暖房料金がご利用可能。

暖房用季節契約
冬期(12月~翌年4月)ご利用のお客さま向け。
夏期(5月~11月)ご利用の場合は一般料金。