総合トップ > 法人のお客さま > ガスシステムのご紹介 > 業種別ガス活用法 > 病院・老人保健施設

病院・老人保健施設

医療経営を取り巻く様々な課題を空調の面から解決します。

医療の高度化、経営コストの見直しなど、様々な課題を抱える病院・医院・老人保健施設。小電力であるガスヒーポンをご採用いただければ、空調コスト、経営コストの削減をはかることができます。

空調

静かな運転音なのに、パワフル&スピード暖房で快適にお過ごしいただけます。

給湯

省スペースなのに、湯量を気にせずたっぷりのお湯が使えます。

厨房

極めればやっぱりガス厨房

3S[うまい(Satisfaction)はやい(Strong&Speed)低コスト(Save Cost)]+3C[清潔(Clean)涼しい(Cool)管理・操作(Control)]

メリット

様々な検査機器、OA機器の導入が可能です。

高度化する医療活動、医療保険制度の変化にともない様々な検査機器やOA機器の導入をはかる必要が出てきました。空調に小電力のガスヒーポンを採用いただければ、電気容量に余裕が生まれ設備の充実が実現できます。

診察室や病室を常に快適な温度に保ちます。

患者さんの健康を考え、診療室や病室は、常に院内の室温調整を快適に保つ必要があります。パワフル暖房のガスヒーポンなら、冬でも安心です。

室外機1台で外観スッキリ。

1台の室外機で複数の室内機が接続でき、外観もスッキリ。

複数のお部屋を効率よく快適に。

室内機は個別にコントロールできるので、昼は医院、夜は住まいと生活パターンに応じて部屋ごとに効率よく空調できます。

採用事例

医療法人 譛生会 宮の森記念病院 様

ご採用機器
GHP:136馬力相当

中銀ライフケア札幌天神山 様

ご採用機器
GHP(ハイパワーエクセル):66馬力相当/温水ボイラ:349kW相当 x 2台/厨房機器/ガスロードヒーティング

ウィステリアN17 様

ご採用機器
GHP:64馬力相当/温水ボイラ:611.4kW相当 x 1台

おすすめシステム

GHP(ガスヒーポン)
GHP(ガスヒーポン)
寒冷地仕様の個別空調ヒートポンプエアコンです。
ガス吸収冷温水機
ガス吸収冷温水機
省電力・省スペース、しかもノンフロン。時代のニーズに合ったシステムです。
コージェネレーションシステム
コージェネレーションシステム
一つのエネルギーから複数のエネルギーを同時に取り出すシステムです。
厨房
厨房
3Sと3Cでお店にとってもお客さまにとってもメリットがあるシステムです。
業務用マルチ給湯器
業務用マルチ給湯器
給湯器の増設を簡単・便利にしたマルチシステムです。
小型貫流ボイラー
小型貫流ボイラ
連結して複数設置することにより、幅広い能力設計が可能なシステムです。

Q&A

Q1空調コストの削減でエネルギーコストを抑えたい。
A1環境にやさしいガスヒーポン(GHP)のご利用により、快適空間を実現。使用状況に合わせて効率的に個別空調できるのがGHPの特長です。電気をほとんど使わないため、ランニングコストを低く抑えられます。
Q2電気もお湯もたくさん使うのでコストが気になる。
A2ガスコージェネレーションシステムを利用し、店舗内で自家発電することにより、電力料金を削減。
さらに排熱の有効利用により蒸気・給湯に使用するガス使用量も節約できます。
また、お得なコージェネレーション用料金により、コスト削減も実現できます。
Q3ガスを利用して「涼しい厨房」を実現したい。
A3低輻射型ガス厨房機器なら、集中排気と空気断熱構造の採用で輻射熱を大幅にカット。換気天井システムと組み合わせれば働く人たちに快適な「涼しい厨房」を実現できます。お得な業務用厨房料金など経済性への配慮も万全です。
Q4料理は短時間かつ美味しいものを作りたい。
A4立ち上がりの早さはガスの大きな特長。加えて、強火からとろ火まで瞬時にコントロール出来るのもガスならではの利点です。
ガス調理機器なら高温までの待ち時間が少なく、火加減のタイミングを逃しません。旨みをギュッと食材に閉じ込めて料理できるので、短時間に美味しい料理を作ることができるのです。
Q5GHPの更新を考えたい。どのぐらいの工期になるのか?
A5リニューアル専用機を使えば室外機と室内機(リモコン含む)を入れ替えるだけで既設の冷房配管はそのまま利用できます。配管を再利用するため、工程を大幅に短縮することができ、土日のみの作業も可能です。(物件規模の状況により異なる場合があります)