総合トップ > 法人のお客さま > ガスシステムのご紹介 > 業種別ガス活用法 > オフィスビル

オフィスビル

少ない電力使用のガスヒーポンの採用で、電気料金の削減を実現。
中小規模から大規模ビルの快適オフィスをサポートします。

空調

快適なオフィスを実現するために、オフィス空調のさまざまなニーズにお応えします。

  • GHPで個別空調
  • パワフル&スピード暖房
  • 静かな運転音
  • 低ランニングコスト

※条件によって変わることがあります。

メリット

真冬の最大電力使用量の低減が図れます。

最大電力使用量が基本契約料金になる「デマンド契約」では、冬の最大使用電力料金を抑えることが、電気料金を下げるポイントです。小電力のガスヒーポンを導入することで、最大電力量を抑え、電気料金の低減をはかります。

空調の使用にともなう契約電力の比較

採用事例

札幌市農業協同組合 琴似支店 様

ご採用機器
GHP:20馬力相当/厨房機器

第5平岸グランドビル 様

ご採用機器
GHP:106馬力相当
第5平岸グランドビル 様

おすすめシステム

GHP(ガスヒーポン)
GHP(ガスヒーポン)
寒冷地仕様の個別空調ヒートポンプエアコンです。
ガス吸収冷温水機
ガス吸収冷温水機
省電力・省スペース、しかもノンフロン。時代のニーズに合ったシステムです。

Q&A

Q1空調コストの削減でエネルギーコストを抑えたい。
A1環境にやさしいガスヒーポン(GHP)のご利用により、快適空間を実現。使用状況に合わせて効率的に個別空調できるのがGHPの特長です。電気をほとんど使わないため、ランニングコストを低く抑えられます。
Q2GHPの更新を考えたい。どのぐらいの工期になるのか?
A2リニューアル専用機を使えば室外機と室内機(リモコン含む)を入れ替えるだけで既設の冷房配管はそのまま利用できます。配管を再利用するため、工程を大幅に短縮することができ、土日のみの作業も可能です。(物件規模の状況により異なる場合があります)