総合トップ > 法人のお客さま > ガスシステムのご紹介 > 業種別ガス活用法 > スポーツクラブ・温浴施設

スポーツクラブ・温浴施設

給湯はもちろん、空調もガスにすることでトータルコストを削減。

施設の充実や快適な室内環境の実現が大きな課題といえるスポーツクラブ。エネルギーのトータルシステムを採用することによって、施設の充実や快適性の向上をはかるとともに、コストの削減をはかることができます。

空調
  • ゾーンごとに冷房・暖房を自由に選べます。
  • パワフル&スピード暖房で快適!
給湯
  • 湯量を気にせずたっぷりのお湯が使えます。
  • 省スペースが実現できます。
コージェネレーションシステム
  • 天然ガスから電気と熱を取り出せます。
  • お得な料金メニューでコストを削減!

メリット

コスト低減と施設の充実を実現。

人が激しく動き、大きな空調負荷が必要となるスポーツジム。小電力でパワフル空調のガスヒーポンならコストを低減させて、施設の充実を同時に実現。

ガスコージェネレーションシステムとの組み合わせ

ガスヒーポンとガスコージェネレーションを組み合わせることによって、空調、電気、給湯など、ガスを様々なエネルギー供給に活かすことができます。

従来システムに比べ、低ランニングコストが実現。

トータルエネルギーシステムを利用することによって一次エネルギーであるガスを最大限に活用し、大幅なコストダウンをはかることができます。

ランニングコスト(イメージ)

従来のシステムに比べて、低ランニングコストです。

コストの削減

採用事例

つきさむ温泉 様

ご採用機器
温水ボイラ 1,149KW相当×2台/吸収式冷温水機80RT相当×1台

おすすめシステム

GHP(ガスヒーポン)
GHP(ガスヒーポン)
寒冷地仕様の個別空調ヒートポンプエアコンです。
コージェネレーションシステム
コージェネレーションシステム
一つのエネルギーから複数のエネルギーを同時に取り出すシステムです。
業務用マルチ給湯器
業務用マルチ給湯器
給湯器の増設を簡単・便利にしたマルチシステムです。

Q&A

Q1空調コストの削減でエネルギーコストを抑えたい。
A1環境にやさしいガスヒーポン(GHP)のご利用により、快適空間を実現。使用状況に合わせて効率的に個別空調できるのがGHPの特長です。電気をほとんど使わないため、ランニングコストを低く抑えられます。
Q2電気もお湯もたくさん使うのでコストが気になる。
A2ガスコージェネレーションシステムを利用し、店舗内で自家発電することにより、電力料金を削減。
さらに排熱の有効利用により蒸気・給湯に使用するガス使用量も節約できます。
また、お得なコージェネレーション用料金により、コスト削減も実現できます。
Q3GHPの更新を考えたい。どのぐらいの工期になるのか?
A3リニューアル専用機を使えば室外機と室内機(リモコン含む)を入れ替えるだけで既設の冷房配管はそのまま利用できます。配管を再利用するため、工程を大幅に短縮することができ、土日のみの作業も可能です。(物件規模の状況により異なる場合があります)