総合トップ > 法人のお客さま > ガス料金について > 原料費調整

原料費調整

原料費調整とは、為替レートや原油価格など外的な要因による輸入原料価格の変動を、 速やかにガス料金に反映させるものです。

当社は、適用月の3ヶ月から5ヶ月前までの3ヶ月の平均原料価格と、基準平均原料価格との差額に基づいて、毎月、単位料金を調整いたします。

調整単位料金の反映月 平均原料価格算定期間
1月検針分のガス料金 前年8月から10月の平均原料価格を適用
2月検針分のガス料金 前年9月から11月の平均原料価格を適用
3月検針分のガス料金 前年10月から12月の平均原料価格を適用
4月検針分のガス料金 前年11月から当年1月の平均原料価格を適用
5月検針分のガス料金 前年12月から当年2月の平均原料価格を適用
6月検針分のガス料金 当年1月から3月の平均原料価格を適用
7月検針分のガス料金 当年2月から4月の平均原料価格を適用
8月検針分のガス料金 当年3月から5月の平均原料価格を適用
9月検針分のガス料金 当年4月から6月の平均原料価格を適用
10月検針分のガス料金 当年5月から7月の平均原料価格を適用
11月検針分のガス料金 当年6月から8月の平均原料価格を適用
12月検針分のガス料金 当年7月から9月の平均原料価格を適用

1.単位料金の調整方法

1.平均原料価格を算定します。

平均原料価格 = LNG平均価格(円/トン)×0.9503 + プロパン平均価格(円/トン)×0.0546

(10円未満四捨五入)

2.平均原料価格と基準平均原料価格(66,310円/トン)の差額を計算し、原料価格変動額を算定します。

原料価格の大幅な上昇によるお客さまへの影響を避ける為、平均原料価格が上限値106,090円(基準平均原料価格の1.6倍)を超えた場合は、それ以上の単位料金の引き上げは行いません。

3.調整単位料金を算出します。

調整単位料金(円/m3)=基本単位料金±0.084×原料価格変動額/100円×(1+消費税率)(小数第3位以下切捨て)

翌月の単位料金のお知らせ

翌月に適用する単位料金については、当社ホームページ・窓口または検針票にてあらかじめお知らせいたします。

(検針日の関係で、一部のお客さまにはあらかじめ検針票でお知らせできない場合があります。)

検針票の見方

料金表