総合トップ > ガスを安全にお使いいただくために > 長期使用製品安全点検制度について

長期使用製品安全点検制度について

平成21年4月1日より「長期使用製品安全点検制度」が消費生活用製品安全法の改正に基づき施行されました。
ガス機器などの製品は古くなると、部品が劣化し、場合によっては火災や死亡事故を起こす恐れがあり、お客さまに重大な危害を及ぼす恐れが多い消費生活用製品を「特定保守製品」と定め、点検制度が設けられました。
経年劣化による製品の事故を未然に防ぐことを目的とし、製造メーカーから所有者へ点検時期をお知らせして点検を促す制度です。

「特定保守製品」とは?

ガス機器の場合、屋内に設置されているガス瞬間湯沸器およびガスバーナー付きふろがまが対象となります。

点検制度の対象機器(特定保守製品)

小型ガス湯沸器

FE式ガス瞬間湯沸器

CF式ガスふろがま

FF式ガス瞬間湯沸器

BF式ガスふろがま

FF式ガス給湯暖房機

  • ※特定保守製品には、電気製品や石油製品もあります。詳しくは製造メーカーにお問合せ下さい。
    電気製品:ビルトイン式電気食器洗機、浴室用電気乾燥機
    石油製品:石油給湯器、石油ふろがま、FF式石油温風暖房機

「特定保守製品」の見分け方

機器本体又はリモコンに、右記のように「特定保守製品」と表示されているものが平成21年4月以降に製造された特定保守製品です。

特定保守製品

特定保守製品を購入されたら

「特定保守製品」をご購入された場合は、製造メーカー(または輸入メーカー)に所有者登録をすることで、適切な時期にメーカーから点検通知が届きますので、点検を受けて下さい(点検には料金がかかります)。

点検制度の流れ

点検制度の流れ

  • ※1 工務店、不動産販売業者の場合もあります。
  • ※2 販売者、施工者に返送を依頼していただいても結構です。
  • ※3 点検結果に基づき、点検以外の修理等を行う場合には、別途費用がかかります。

お客さまへお願い

「特定保守製品」をご購入された場合、所有者の方々には所有者登録と製品の保守の責務がありますので、所有者登録と点検(有料)を受けることをお願いいたします。

「特定製造事業者」の連絡先

点検料金や点検制度についてはお持ちのガス機器の製造メーカーへご連絡ください。
下記の製造メーカー(特定製造事業者)が点検を実施します。

(株)ガスター 点検センター 0120-642-109
(株)世田谷製作所 営業部管理課 03-3707-5531
(株)タイヘイ 本社 0256-92-7788
パーパス(株)
※旧高木産業(株)
点検受付センター 0120-323-884
(株)長府製作所 点検連絡窓口 0120-921-971
(株)ノーリツ コンタクトセンター 0120-911-026
(株)ハーマン 点検受付センター 0120-780-137
(株)パロマ お客さまセンター 0120-378-860
モリタ工業(株) サービス課 0120-446-252
リンナイ(株) 製品点検センター 0120-493-110

お持ちのガス機器のメーカーが上記連絡先にない場合には、以下にお問い合わせください。

一般社団法人 日本ガス石油機器工業会 03-3252-6101

平成21年4月以前に購入された対象機器をお持ちのお客さまへ

平成21年4月以前に購入されました特定保守製品も点検を受けることができます。詳しくは製造メーカーへお問い合わせください。

※製品によっては、点検の結果で整備が必要な場合に整備用の部品がない場合があります。