ニュースリリース

2005年9月14日
北海道ガス株式会社

エネルギーサービス事業会社設立、
および小樽築港地区エネルギー供給事業の営業譲受けについて

   当社は、2005年9月12日付で新会社(名称:株式会社エナジーソリューション)を設立いたしました。あわせてマイカル小樽エネルギー供給株式会社と新会社である株式会社エナジーソリューションとの間で、小樽築港地区におけるエネルギー供給事業に関する営業譲渡契約を締結することで合意いたしましたので、お知らせいたします。


1.新会社設立の目的
   当社の目指す総合エネルギーサービス事業の推進に向け、新会社を設立することで電力、および熱事業ノウハウの蓄積を図るとともに事業拡大時の機動性確保を目指すもの。


2.新会社の概要

(1)会社概要

(1)商号 株式会社エナジーソリューション
(2)代表者 代表取締役社長 早崎正一
(北海道ガス(株) 取締役エネルギー事業部長)
(3)本店 札幌市中央区大通西7丁目3番地1
(4)設立日 2005年9月12日
(5)決算期 3月
(6)資本金 3億5千万円(当社100%出資)

(2)事業内容

(1) 小樽地区におけるエネルギー供給事業
・マイカル小樽エネルギー供給(株)から営業を譲受け、2005年11月から事業開始予定
(2) ESP(エネルギーサービスプロバイダ)事業
・当社のESP事業を移管し、2006年4月から事業開始予定

3.マイカル小樽エネルギー供給(株)からのエネルギー供給事業に関する営業譲受けについて

(1)営業譲受けに至った経緯・目的
   マイカル小樽エネルギー供給(株)からエネルギー供給事業の引受要請を受け、様々な角度から検討を進めた結果、小樽築港地区への安定的なエネルギー供給の継続を図ることの重要性を鑑み、関係官庁の許認可が得られること、ならびにマイカル小樽エネルギー供給(株)の株主総会において営業譲渡について承認されることを前提に、マイカル小樽エネルギー供給(株)と新会社である(株)エナジーソリューションとの間で営業譲渡契約を締結することで合意いたしました。


(2)事業引受の日程

2005年 9月14日 営業譲渡契約締結
2005年10月下旬 (株)エナジーソリューション 臨時株主総会(営業譲渡承認決議)(注1)
2005年11月 1日 営業譲渡日

(注1)同時期にマイカル小樽エネルギー供給(株)でも臨時株主総会を開催し営業譲渡の承認を行う予定

以上


<資料>

【ESP事業について】
   ESP(Energy Service Providerの略)事業とは、電気や熱などのエネルギー需要に対し、ESP事業者がエネルギー供給設備を持ち込んでエネルギー供給を行う「オンサイトエネルギーサービス」の一形態です。この場合、エネルギー供給設備の所有者はESP事業者となり、需要家は初期の設備投資を負担することなく財務上オフバランスにて、敷地内でエネルギー供給を受けることができます。

   北海道ガス(株)においては、2004年10月よりエネルギー供給を開始した千歳国際ホテル(株)様(ホテル日航千歳)を含め、2005年9月現在で3件のお客さまへESP契約に基づくエネルギー供給を行っており、2005年度中には新たに1件のお客さまへのエネルギー供給を開始する予定です。


【マイカル小樽エネルギー供給(株)の概要】

代表者 代表取締役社長 加藤孝雄
設立 1997年 2月21日
事業認可 1997年 9月30日
供給開始 1999年 3月 1日
所在地 小樽市築港11番7号
資本金 21億5千万円
売上高 14億円(2005年2月期)
株主 (株)小樽ベイシティ開発、(株)マイカル、(株)ジャパンメンテナンス、 北海道ガス(株)、他

【小樽築港地区エネルギー供給事業の概要】

供給面積 12.8ha
供給延床面積 210,000平方メートル
供給先 (株)小樽ベイシティ開発(ウイングベイ小樽内各施設)
供給エネルギー 蒸気、冷水、電力

TOP