キタノミライと、
CARBON
NEUTRAL
LNG
カーボン
ニュートラル
LNG
KITAGAS
北海道初上陸

カーボンニュートラル LNG

2021年3月19日、北ガス石狩LNG基地に北海道初となる「カーボンニュートラルLNG(液化天然ガス)」を積んだタンカーが入港いたしました。導入するカーボンニュートラルLNGは、北ガスの年間LNG取扱量の10%、CO2クレジット21万トン-CO2に相当し、北ガスのお客さま約21万世帯分の年間CO2排出量を削減したことになります。
カーボンニュートラルLNGという新たな取り組みに挑戦することで、低炭素社会実現への事業活動をさらに強化し、北海道の持続的な成長、地域の活性化に引き続き貢献してまいります。

北ガスの都市ガスをご利用のお客さまの年間CO2排出量
(北ガスの都市ガスCO2排出係数及び2019年度販売実績より算出)

WHAT IS CARBON NEUTRAL LNG?

カーボンニュートラル LNGとは

天然ガスの採掘から消費までの工程で発生するCO2を、別の場所の取り組みで削減・吸収したCO2と相殺(CO2クレジットによるカーボンオフセット)した液化天然ガス(LNG)。地球規模では、この天然ガスの利用によりCO2は発生していないとみなされます。
2021年2月26日に、北ガスは、三井物産株式会社と「カーボンニュートラルLNGの売買契約」を締結、同年3月19日に石狩LNG基地にカーボンニュートラルLNGを積んだタンカーが北海道初入港いたしました。


*今回のCO2クレジットは、世界各地における環境保全プロジェクトでのCO2削減効果を、信頼性の高い認証機関がCO2クレジットとして認証し、三井物産から購入したものです。

TOWARDS A SUSTAINABLE ENERGY SOCIETY IN HOKKAIDO

持続可能な北海道のエネルギー社会に向けて

北ガスはこれまで、天然ガスの普及拡大、省エネ型ガス給湯暖房機「エコジョーズ」、ガスマイホーム発電「コレモ」・「エネファーム」による天然ガスの高度利用に加えて、再生可能エネルギーの導入など、皆さまのご協力のもとで多くの取り組みを進めてきました。
北ガスはこれからも北海道の環境を考え、さまざまな挑戦を加速させていきます。
皆さまのさらなるご理解、ご支援をよろしくお願い申しあげます。

MOVIES

動画

北海道初、カーボンニュートラルLNGの導入
キタノミライと、