都市ガス最大供給量の更新について ~天然ガスの普及拡大等により、過去最大供給量を記録(今季2回目)~2019/02/09

お知らせ一覧

都市ガス最大供給量の更新について ~天然ガスの普及拡大等により、過去最大供給量を記録(今季2回目)~

ニュースリリース

2019年2月9日

 

北海道ガス株式会社(本社:札幌、社長:大槻博、以下:北ガス)の2019年2月8日(金)の都市ガス供給量が、過去最大を記録いたしましたのでお知らせいたします。これは、2019年1月17日(木)に記録した3,429,985㎥ を超える供給量で、今季2度目の更新となります。

 

暖房・給湯・発電(天然ガスコージェネレーションシステムによる発電)・融雪等の用途で天然ガス(都市ガス)をお使いいただくお客さまが増加していることに加え、寒波による一日を通した低気温と断続的な降雪の影響により天然ガス需要が伸びたことで、最大供給量を更新いたしました。

 

  北ガスは、積雪寒冷地北海道の厳冬期においても、エネルギーの安定供給、保安の確保に万全を期してまいります。

 

 

1.都市ガス最大供給量

 

2019年 2月8日(金)    3,640,212(45MJ換算)

<参考:同日の札幌の平均気温 -11.5℃(気象庁公表値)>

 

 

2.従来の記録

 

2019年 1月 17日(木)  3,429,985㎥ (45MJ換算)

<参考:同日の札幌の平均気温 7.9℃(気象庁公表値)>

  

 

【参考】 

➣北ガスの都市ガスお客さま件数 : 20191月末 575,786件 (20181月末 569,527件)

➣北ガスの都市ガス供給エリア : 札幌地区、小樽地区、函館地区、千歳地区、北見地区

 

 

*ガス機器凍結に関する注意事項について*

寒波等による低気温が続いているため、「ガス機器の凍結」に関する注意事項について北ガスホームページ下記リンクにてお知らせしています。

 ガス機器凍結に関する注意事項について       

お知らせ一覧へ戻る