総合トップ > エネルギー環境教育のご案内 > 北見工場見学

北見工場見学

北見地区のお客さまに、クリーンエネルギー「天然ガス」をお届けしています

北見工場は、LNGサテライト基地として2009年3月より操業を開始し、石狩LNG基地から出荷されたLNG(液化天然ガス)を原料として製造した都市ガスを、約1万7千件のお客さまにお届けしています。

工場見学では、LNGの受入設備や貯槽(タンク)、LNGを気体にする気化器などの製造施設が見学できます。

対象 制限はございません。
小中学生の場合は引率者が必要です。
開催日 土日祝日および年末年始を除く日
時間 9:00~17:00(約1時間程度)※12:00~13:00は除く
集合場所 北見工場
(北見市中ノ島町1丁目3番12号)
定員 10名まで(10名を超える場合はご相談ください)
費用 無料
申込方法

お電話またはFAXでのお申し込みとなります。
なお、受付時期の目安は見学希望日の1カ月前から2週間前までとなります。
お申し込み時に必要な連絡事項は、以下のとおりです。

  • 見学希望日時
  • 人数
  • 連絡先
  • 年齢
  • 見学目的
  • 交通手段
  • その他(必要に応じて見学者名簿、学校名、引率者名をお聞きします)
交通のご案内 最寄駅: JR北見駅 徒歩約16分(約1.3km)
駐車場: 工場内駐車可能。駐車場までは社員がご案内いたします。
申込先
生産技術部 北見工場
Tel. 0157-25-2362
Fax. 0157-25-2368

北見工場についてご説明いたします

  1. LNG受入

    LNGローリー車で輸送されたLNGを、LNG貯槽に受け入れます。
    時間により、ローリー車から貯槽へLNGを受け入れる作業も見学可能です。
    見学を希望される方は申し込みの際にお申し付けください。

  2. LNG貯槽

    受け入れたLNGは、いったんLNG貯槽に蓄えられます。
    その後、需要に応じて払い出しが行われ、都市ガスとなる工程へ進みます。

  3. 温水式LNG気化器

    極低温(-162℃)の液体であるLNGは、気化器で加温することで、気体(約40℃)の天然ガスになります。
    その天然ガスにLPG (液化石油ガス)を添加して標準熱量(45MJ/m3N)に調整し、付臭剤でにおいを付けます。
    こうしてLNGは都市ガスとなり、お客さまの元へ届けられます。

  4. コントロールセンター

    お客さまに安定して都市ガスをお届けするため、LNGの受け入れや貯蔵、都市ガスの製造や品質管理など、工場内の設備を24時間体制で集中管理しています。

このページの先頭へ