原料費調整

 都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)の価格は、為替レートや原油価格など外的な要因で変動します。原料費調整は、こうした価格の動きに対応するため、原料価格の変動額をガス料金に反映させる仕組みです。

 変動額は、原料価格の3か月平均で計算し、一定の価格を超えた場合はそれ以上の料金の引き上げは行わないなど、料金の安定性にも配慮した仕組みとなっています。

原料価格の算定期間とガス料金への反映時期

 貿易統計にもとづく3ヶ月の平均原料価格と、基準となる平均原料価格を比較し、その変動分について、算定期間の最終月から3ヶ月後のガス料金に反映します。

ガス料金への反映

 ガス料金は、ご使用量にかかわらずお支払いただく「基本料金」と、毎月のご使用量や原料費調整により変動する「従量料金」で構成されています。また、調整単位料金は、あらかじめ定めた基準単位料金に、原料費調整による調整額を加算または減算し算定します。

調整単位料金の算定方法

1.平均原料価格を算定します。

原料であるLNGとLPGの平均原料価格を算定します。
平均原料価格 = LNG平均価格(円/トン)×0.9503 + プロパン平均価格(円/トン)×0.0546

(10円未満四捨五入)

2.平均原料価格と基準平均原料価格の変動額を算定します。

原料価格変動額 = 平均原料価格(円/トン) ー 基準平均原料価格(円/トン)
※調整のもととなる基準平均原料価格を、66,310円/トンとします。

原料価格の大幅な上昇によるお客さまへの影響を避けるため、平均原料価格が上限値106,090円(基準平均原料価格の1.6倍)を超えた場合は、それ以上の単位料金の引き上げは行いません。

3.調整単位料金を算出します。