総合トップ > 企業情報・IR情報 > 企業情報 > 沿革(歴史)

沿革(歴史)

1911(明治44年)公称資本金300万円で会社設立
1912(大正1年)札幌・小樽・函館でガス供給開始
お客さま数3,600件
1949(昭和24年)東京証券取引所に株式上場登録
1950(昭和25年)札幌証券取引所に株式上場登録
1961(昭和36年)第1回ガス展を札幌・小樽・函館で開催
札幌工場でTG式原油ガス発生装置完工(当社最初の石油系原料による装置)
1963(昭和38年)本社を東京から札幌に移転
1965(昭和40年)小樽工場にMS式低圧ガス発生装置完工
(石炭から石油系原料へのガス源転換完了)
1969(昭和44年)函館地区の供給熱量を変更
[1m3あたり15.06978MJ(3,600kcal)→20.93025MJ(5,000kcal)]
お客さま数10万件突破
1974(昭和49年)札幌地区の供給熱量を変更
[1m3あたり15.06978MJ→20.93025MJ]
お客さま数20万件突破
1976(昭和51年)函館営業所を新函館都市ガス株式会社に分離譲渡
1980(昭和55年)札幌工場にICI式高圧ガス発生装置建設完工
1983(昭和58年)お客さま数30万件突破
1986(昭和61年)新函館都市ガス株式会社と合併
1987(昭和62年)お客さま数40万件突破
1988(昭和63年)札幌・函館で大型ガスコージェネレーション稼動
1990(平成2年)エリアサービス全面展開
石狩工場操業開始
1991(平成3年)『北ガス2010年ビジョン』を策定・発表
1993(平成5年)天然ガス導入を決定
お客さま数50万件突破
新シンボルマーク・企業スローガン導入
1996(平成8年)天然ガス転換作業開始(札幌地区)
1997(平成9年)千歳市よりガス事業を譲受、千歳支社開設
2001(平成13年)日本初のガスコージェネレーションによるマンション住宅専用部への電力供給開始
2002(平成14年)千歳地区天然ガス転換作業完了
[1m3あたり15.06978MJ→46.04655MJ]
千歳工場廃止
北信濃供給所開始
2003(平成15年)天然ガスパイプライン「札樽幹線」完工
2004(平成16年)石狩工場廃止
2005(平成17年)札幌地区、小樽地区の天然ガス転換作業完了
[1m3あたり 札幌:20.93025MJ・小樽:15.06978MJ→46.04655MJ]
札幌工場廃止
小樽工場廃止
塩谷供給所開始
2006(平成18年)LNG受入基地「函館みなと工場」操業開始
北見市よりガス事業を譲受、北見支店開設
函館地区の天然ガス転換作業完了
[1m3あたり20.93025MJ→46.04655MJ]
函館工場廃止
函館供給所開始
2008(平成20年)中期経営計画(2008~2012)策定・発表
石狩LNG基地建設工事開始
2009(平成21年)北見LNGサテライト基地操業開始
旭川ガス(江別地区)への天然ガス卸供給開始
北見地区天然ガス転換作業完了
[1m3あたり15.06978MJ→46.04655MJ]
地域総合チャネル新ブランド「北ガスフレアスト」営業開始
2010(平成22年)「床暖房付ガスFFふく射暖房機」発売開始
2011(平成23年)東日本大震災により被災された方へのガス料金の特別措置実施
ガスマイホーム発電「コレモ」(ガスエンジンコージェネ)と「エネファーム」(家庭用燃料電池)の発売開始
北海道ガス(株)創立100周年
2012(平成24年)産業用向けサテライト供給を開始
石狩高圧・中圧幹線 完工
石狩LNG基地運転開始
2013(平成25年)技術開発・研修センターオープン
供給ガスの標準熱量を変更(46.04655MJ/m3→45MJ/m3
お客さま業務支援システム「LINKS」導入
2015(平成27年)当社及びグループ会社の一部施設へ電力供給を開始
2016(平成28年)電力小売事業開始
2017(平成29年)苫小牧バイオマス発電所の営業運転開始
「北ガスの電気」を離島を除く北海道全175市町村に供給、
お客さま件数10万件突破
2018(平成30年)北ガス版エネルギーマネジメントシステム「EMINEL」のサービス開始
「北ガス石狩発電所」の営業運転開始
2019(平成31年・令和元年)札幌市北4東6周辺地区の「46エネルギーセンター」稼働開始、
CEMS(地域エネルギーマネジメントシステム)の運用開始
北ガスグループ本社ビル完成に伴い、本社を札幌市中央区から東区に移転
塩谷供給所廃止