総合トップ > 企業情報・IR情報 > 企業情報 > 社長メッセージ

ごあいさつ

お客さまとともに
新たなエネルギー社会を創り上げます 代表取締役社長 大槻 博

地域社会が抱える課題と向き合い、新たなエネルギー社会を創造

積雪寒冷地でエネルギー消費量の多い北海道では、エネルギー・環境問題に加え、人口減少、少子高齢化といった社会構造の変化が大きな課題となっています。また、省エネの浸透、定着とともに、エネルギーの安定供給が一層求められています。さらに、エネルギー自由化による規参入者による競争が本格化するなど、エネルギーを取り巻く環境は大きな転換期を迎えています。

このような事業環境のもと、地域特性を考え、北ガスグループは、「総合エネルギーサービス事業」という新たな事業を展開することで、持続可能な地域社会を支えるエネルギー社会の創造を目指しています。

電力小売り全面自由化を機に総合エネルギーサービス事業を展開

「総合エネルギーサービス事業」とは一言でいうと「エネルギーと環境の最適化による快適な社会の創造」です。その実現に向けて、一般家庭やオフィスなどの業務分野への電力販売をスタートし、ガスや電気といった暮らしで消費されるエネルギーと環境をトータルで考えたマネジメントを進めています。さらに、省エネ、かつ災害時に力を発揮する天然ガスコージェネレーションシステムと、北海道に多く賦存する再生可能エネルギーを組み合わせた「分散型エネルギー社会」の構築のための取り組みを進めています。

お客さまとともに省エネによる快適な暮らしと低炭素化を実現

さらに北ガスでは、住まいのエネルギー利用を最適にサポートするため、北海道の暖房利用に着目した家庭用初のエネルギーマネジメントシステム「EMINEL(エミネル)」を独自開発し、2018年10月よりサービスを開始しました。温度・湿度・照度などの宅内の住環境データをもとに、暖房の自動制御や各家庭にあった省エネアドバイスを行うことで「暮らしの快適さ」と「省エネ」を実現します。こうしたエネルギーサービスを広く普及させ、地域のエネルギー利用の効率化を図っていきます。

自社電源を整備し、安定供給の強化と低炭素化に取り組む

また、エネルギーの一層の安定供給とCO2削減に向けて、石狩LNG基地構内にて北海道初のLNG火力発電所「北ガス石狩発電所」の運転を開始しました。世界最高クラスの発電効率のガスエンジンで発電し、排熱を都市ガスの製造過程で有効活用することで、供給安定性を高めるとともに、再生可能エネルギーの活用と合わせて環境負荷を低減し、かつ経済性に優れたエネルギーを供給していきます。

新たなエネルギーモデルの構築に挑戦

さらに、北ガスグループは、こうしたノウハウを活かし、新たなエネルギーモデルの構築に挑戦しています。北ガスの旧札幌工場跡地を含む都心部再開発「北4東6周辺地区」では、天然ガスコージェネレーションシステムを活用したエネルギーセンターの運営を担うとともに、CEMS(Community Energy Management System)を導入し、省エネやエネルギー利用のピークシフトの実現に取り組みます。また、災害時も地区内の建物にエネルギーを継続供給することで、強靭なまちづくりを支えていきます。

さらに、夕張市や上士幌町、豊富町など、地方自治体と連携し、「エネルギーの地産地消」を進めるまちづくりにも参画しています。地域資源の活用モデルを構築し、道内各地に展開していくことで、北海道の低炭素化と地域社会の活性化に貢献していきます。

北ガスグループは、「安心・安全・安定供給」を第一に、「総合エネルギーサービス事業」の展開による省エネと低炭素化に加え、災害に強い地域づくりを進め、地域とともに成長する企業グループを目指してまいります。

北海道ガス株式会社
代表取締役社長  大槻 博