ごあいさつ

 2021年、北ガスは1911年の創立から110周年を迎えました。ひとえに、お客さま、ご関係のみなさま、株主さまからのご愛顧、ご支援の賜物であり、厚く御礼申し上げます。

 北ガスグループを取り巻く事業環境は、人口減少や少子高齢化による社会構造の変化、カーボンニュートラルへの取り組み、資源調達リスクや大災害に対応したエネルギーセキュリティの確保など、大きく変化しています。

 このような状況のもと、北ガスグループは、「エネルギーと環境の最適化による快適な社会の創造」に向けて、2050年以降のカーボンニュートラル時代を展望しつつ2030年を中間点と位置付けた北ガスグループ経営計画「Challenge2030」を策定いたしました。
総合エネルギーサービス事業の推進による機能的で効果的な省エネを訴求し、2030年以降の早期にCO2ピークアウトを目指し、あらゆる手段、可能性を探り、備えを進めてまいります。

 「Challenge2030」のフェーズ1(2022~2024年)では、天然ガス普及の最大化によるお客さま基盤の拡大を進めるとともに、次世代プラットフォームやデジタル技術活用の核となる情報共通基盤等の外部環境変化に柔軟に対応できるシステムをリリースし、事業構造の抜本的な変革を図ることにより、稼ぐ力を高め、高付加価値型の強固な事業基盤・財政基盤を構築してまいります。

 北ガスグループは、これからも「安全・安心・安定供給」を第一に、総合エネルギーサービス事業を展開することにより、省エネによる低炭素化、脱炭素化に加え、災害に強いまちづくりに向けた取り組みを推進し、地域とともに成長する企業グループを目指してまいります。

 引き続き、皆様方のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

北海道ガス株式会社

代表取締役社長  川村 智郷