ガス機器システム

コージェネレー ションシステム

一つのエネルギーから複数のエネルギーを同時に取り出すシステムをコージェネレーションシステムといいます。
ガスコージェネレーションシステムは、クリーンな天然ガスを燃料としてガスエンジンやガスタービンなどの原動機を駆動させます。その際に発生するエネルギーで発電機を駆動し電力を発生させ、同時に排熱を給湯、暖房、冷房、蒸気などに利用します。

コージェネレーションの種類

ガスエンジン方式

発電容量10kW以下の小規模から4000kWクラスまで、幅広い分野での需要に対応できるシステムです。エンジンの冷却水から温水回収し、さらに排ガスから蒸気、または温水回収することにより高い熱効率が得られます。

ガスタービン方式

ガスタービン方式は比較的大規模な発電容量に適したシステムです。排熱を利用して蒸気を発生させることにより、高い熱効率が得られます。

メリット

1.省エネ性:総合エネルギー効率70~90%

コージェネレーションシステムは電気エネルギー+熱エネルギーで総合効率が約70~90%と高くなります。地球からの恩恵である一次エネルギーを最大限にムダなく使うこれからのシステムとして、国もその普及を推進しています。

  • 従来方式による発電システム

  • ガスコージェネレーションシステム

2.クリーン性:燃料はクリーンな天然ガス

クリーンエネルギー天然ガスの使用により、SOxの排出はなく、NOxの排出量も少なく快適な環境の保全に寄与します。

3.経済性:電力料金の削減、ピークカットに貢献

高い総合エネルギー効率により、従来の使用エネルギー量を低減し、トータルエネルギーコストを引き下げることができます。また電力需要のピーク時に買電量を抑えることができるため、受電設備の軽減、契約電力の低減につながり、電力基本料金を抑えることができます。

業種別活用例

適用するガス料金

お見積り・ご相談申込み

ガス器具・設備に関するお見積もり・ご相談依頼を受け付けております。

お見積り・ご相談申込み