総合トップ > お知らせ一覧 > 「苫小牧バイオマス発電所」の営業運転開始

お知らせ一覧

「苫小牧バイオマス発電所」の営業運転開始

ニュースリリース

2017年5月12日

 

北海道ガス株式会社(本社:札幌市、社長:大槻博)は、共同出資により設立した苫小牧バイオマス発電株式会社(本社:苫小牧市、社長:塚田洋平、以下:苫小牧バイオマス発電)を事業者として、2017428日より営業運転を開始しましたので、お知らせいたします。

苫小牧バイオマス発電は、三井物産株式会社、株式会社イワクラ、住友林業株式会社と当社との共同出資会社です。

 

本事業は苫小牧市晴海町に発電規模約5.9MWの発電設備を建設、再生可能エネルギー固定価格買取制度(1)を利用し発電事業を行うものです。燃料となる木質チップは、北海道における林地の未利用木材(※2)を100%利用し、北海道内に電力を供給する地産池消型のエネルギー事業となります。

 

北海道ガスでは、天然ガスと再生可能エネルギーを活用し、快適で環境にやさしい社会を創造してまいります。

 

 

 

1:再生可能エネルギー固定価格買取制度: 再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を一定価格で電気事業者が買い取ることを義務付けた制度のこと。

 

※2:林地の未利用木材: 間伐材や林地残材などの未利用資源のこと。

 

 

以上

  

 

 

 (参考) 苫小牧バイオマス発電株式会社 概要

所在地

北海道苫小牧市晴海町404

資本金

499百万円

出資比率

三井物産株式会社 40%

株式会社イワクラ 20%

住友林業株式会社 20%

北海道ガス株式会社 20%

事業内容

木質バイオマス発電

使用燃料

林地の未利用木材 年間約6万トン

主要設備

流動層ボイラー、蒸気タービン発電機

発電規模

発電端出力:約5.9MW

その他

年間送電量:約40百万kWh(一般家庭約10,000世帯分の年間使用電力量に相当)

 

 

このページの先頭へ