総合トップ > 法人のお客さま > ガスシステムのご紹介 > システムラインナップ > コージェネレーションシステム

コージェネレーションシステム

コージェネレーションシステムとは?

一つのエネルギーから複数のエネルギーを同時に取り出すシステムをコージェネレーションシステムといいます。
ガスコージェネレーションシステムは、クリーンな天然ガスを燃料としてガスエンジンやガスタービンなどの原動機を駆動させます。その際に発生するエネルギーで発電機を駆動し電力を発生させ、同時に排熱を給湯、暖房、冷房、蒸気などに利用します。

コージェネレーションの種類

ガスエンジン方式
発電容量10kW以下の小規模から4000kWクラスまで、幅広い分野での需要に対応できるシステムです。エンジンの冷却水から温水回収し、さらに排ガスから蒸気、または温水回収することにより高い熱効率が得られます。
ガスタービン方式
ガスタービン方式は比較的大規模な発電容量に適したシステムです。排熱を利用して蒸気を発生させることにより、高い熱効率が得られます。

業務用ガスコージェネレーションシステムの採用件数とkW数(年度末累計)

業務用ガスコージェネレーションシステムの採用件数とkW数(年度末累計)

メリット

メリット1省エネ性:総合エネルギー効率70~90%

コージェネレーションシステムは電気エネルギー+熱エネルギーで総合効率が約70~90%と高くなります。地球からの恩恵である一次エネルギーを最大限にムダなく使うこれからのシステムとして、国もその普及を推進しています。

従来方式による発電システム
総合効率40%
ガスコージェネレーションシステム
総合効率70~90%

メリット2クリーン性:燃料はクリーンな天然ガス

クリーンエネルギー天然ガスの使用により、SOxの排出はなく、NOxの排出量も少なく快適な環境の保全に寄与します。

メリット3経済性:電力料金の削減、ピークカットに貢献

高い総合エネルギー効率により、従来の使用エネルギー量を低減し、トータルエネルギーコストを引き下げることができます。また電力需要のピーク時に買電量を抑えることができるため、受電設備の軽減、契約電力の低減につながり、電力基本料金を抑えることができます。

適用する業種
病院・老人保健施設

病院・老人保健施設

医療経営を取り巻く様々な課題を空調の面から解決します。

スポーツクラブ・温浴施設

スポーツクラブ・温浴施設

空調・電気・給湯と複数のエネルギー供給によりトータル・コストを削減。

ホテル

ホテル

一部屋、一部屋をより快適にします。

工場

工場

作業環境の整備と、環境保全の課題にお応えします。

適用するガス料金
コージェネレーションシステムA契約
コージェネレーションシステムを利用するお客さま向け。
集合住宅向けコージェネレーション契約
コージェネレーションシステムを集合住宅の共用部及び各住宅に使用するお客さま向け。