02新たなエネルギーモデルへ

コンパクトで効率的なエネルギー社会へ

北ガスグループが考える北海道に適したエネルギー基盤の理想は、安定して環境にやさしいこと。
天然ガスコージェネレーションの普及拡大と北海道に広く賦存する再生可能エネルギーを有効に活用して、
コンパクトで効率的な分散型エネルギー社会の形成を目指しています。

大規模集中型のエネルギーと分散型エネルギーのちがい(イメージ)

分散型エネルギーシステムとは
大規模集中型の発電所で発電し、各家庭や事務所に電力を送電するシステムに対して、地域や建物でエネルギーを作りその場で使うシステムのこと(コージェネレーション〈CGS〉や再生可能エネルギー等)