総合トップ > 暮らしサポート情報 > グリルdeクッキング > Grill de オイシイ!

Grill de オイシイ!

ガスの高温ですばやく食品に熱を伝えるため、表面はこんがり!中のうまみや水分を逃がさず、ジューシーに仕上げます。揚げ物の温め直しも電子レンジよりもサクサクッ、カリカリの食感になります。

グリル VS オーブントースター

グリルは、強力な遠赤外線加熱で外側だけこんがり!

グリルの遠赤外線は、オーブントースターよりずっと強力!
はやく焼ける分、外はカリッと、中はしっとりとしたトーストが焼けます。

焼き魚のニオイも移りません!
加熱中は食材から水分が外へ出ようとするため、ニオイは移りません。ただし火を消したら、食材はすぐに取り出してくださいね。

グリル VS 電子レンジ

グリルなら、揚げ物の温め直しもおいしくて、ビックリ!

電子レンジは「内から加熱」。
中心の水分が外側に出てくるので、表面がベチャッと…。
でもグリルは「外から加熱」。遠赤外線+対流熱のダブル加熱で、揚げ物や天ぷらもサクッと温め直します。

衣の水分含量

冷凍食品×グリル=便利さ倍増!

便利な冷凍食品の調理こそ、グリルの出番なんです。フライドポテトのあのカリッとした食感もグリルで再現。冷凍ピザやグラタンも、オーブントースターの約半分の時間で出来上がり!

冷凍フライドポテトのあたため(食感)

グリル VS 電気オーブン

グリルは高温・短時間だから、肉のうまみを逃がさない!

電気オーブンの庫内温度250℃に対して、グリルは300℃を超えます。この遠赤外線+対流熱の超高温パワーで、ローストビーフづくりも簡単。フライパンで焼く手間を省き、肉汁のうまみをしっかり閉じ込めます。

ローストビーフの肉汁流出量

グリルは肉のおいしさをギュッととじ込める!

直火と天面からの放射熱と、庫内全体を包む対流熱で表面をすばやく焼き上げるグリルは、おいしさを内部にしっかりとじ込めます。

ローストビーフの硬さ比較

グリルは、肉の表面も、中もすばやく焼き上げます。

グリル料理がおいしい理由は、高温による短時間加熱だから。ローストビーフの温度変化の比較でも、その差は歴然。フライパンの「表面の焼き固め」、電気オーブンの「熱い空気で包み込む」といった2つの加熱をグリルが1台でやってくれます。

ローストビーフの温度変化

フライパンよりヘルシー!グリルなら、余分な油や脂肪分をカット。

たとえば肉を焼く場合、グリルは、フライパン調理のように油をひく必要がありません。
また、肉の余分な脂肪分が焼いているうちに網から落ちるので、とってもヘルシーに焼き上がります。

調理後の脂質量

※フライパンで焼いた時の脂質を1とする

このページの先頭へ