総合トップ > ガスを安全にお使いいただくために > 停電の時の対応 > マイホーム発電(エネファーム・コレモ)をご利用のお客さまへ

マイホーム発電(エネファーム・コレモ)をご利用のお客さまへ

マイホーム発電(エネファーム・コレモ)は、停電時も発電する機能を搭載しているため、給湯・暖房と一部の電化製品のご利用が可能です。設置年およびオプション設備の装着状況によっては、停電時の発電機能を搭載していないタイプもございますので、下記の方法でご確認ください。

停電時の発電機能

  • ①発電継続:停電時にマイホーム発電システムが発電していればそのまま継続して発電する機能
  • ②自立発電:停電時も外部電源等を使って自立して発電する機能

停電時の発電機能を備えていないマイホーム発電システム

  • 全てのエコウィル(2005年~2011年に設置)
  • 2014年※以前に設置されたエネファーム
  • 2013年※以前に設置されたコレモ
  • ※2014年に設置したエネファームおよび2013年に設置したコレモには、停電時の発電機能を備えたモデルが混在しておりますので、下記の方法でご確認ください

電気のご利用について

  • 停電時の電気は専用コンセントからのみご利用いただけます。
  • 停電時に使用できる電力量には制限があるため、一部の電化製品のみご利用いただけます。また、エコジョーズ(給湯・暖房)に使用する電気を優先して消費するため、その稼動状況により電化製品に使用できる電力量は変動します。消費電力の多い電化製品は使わない等、必要最低限でのご利用をお願いいたします。

使用する電化製品の目安:照明・LEDスダンド、ノート型パソコン、充電・携帯電話等

使用する電化製品の目安:照明・LEDスダンド、ノート型パソコン、充電・携帯電話等

停電時専用コンセント

停電時専用コンセント
「停電時電源コンセント」と表記してあります。


停電時の発電機能有無の見分け方

台所等に設置されているリモコンの外観と型式で判別できます。

エネ・ファーム

リモコンの
外観と型式
停電時の発電機能 説明 備考
発電
継続
自立
発電
FC-KRG1DS

△:エネファーム用のコンセントが設置されている場合、電源プラグを外部電源(蓄電池、発電機、PHV・EV等)と接続することで発電可能

停電時の使用可能電力量:最大500W

設置年目安 2018年以降
FC-KRE1DS △1 △2

△1:オプションの発電継続用切替ユニット※1が必要

△2:オプションの自立起動用電源ユニット※2と自立起動用切替ユニット※3が必要

停電時の使用可能電力量:最大650W

設置年目安 2015年~2018年
FC-KRD1DS △1 △2

△1:オプションの発電継続用切替ユニット※1が必要

△2:オプションの自立起動用電源ユニット※2と自立起動用切替ユニット※3が必要

停電時の使用可能電力量:最大700W

設置年目安 2014年~2015年
  • FC-BSD3S

    ※1:発電継続用切替ユニット
    型式:FC-BSD3S

  • FC-BSD1S

    ※2:自立起動用電源ユニット
    型式:FC-BSD1S

  • FC-BSD2S

    ※3:自立起動用切替ユニット
    型式:FC-BSD2S

ガスマイホーム発電「エネファーム」の紹介ページへ

コレモ

リモコンの
外観と型式
停電時の発電機能 説明 備考
発電
継続
自立
発電
スマートリモコンまたはGECRK15B2R

○:停電発生時に暖房をご利用しており、コレモが発電していることが必要

△:オプションのBOS切替盤※4が必要。

※スマートリモコンが設置されていても、室外に発電ユニット※5が設置されていなければ発電はいたしません。

停電時の使用可能電力量:最大750W

設置年目安 2017年以降
ECRK15B1RまたはGECRK15B1A ×

○:停電発生時に暖房をご利用しており、コレモが発電していることが必要

停電時の使用可能電力量:最大750W

設置年目安 2013年~2017年
  • BOS切替盤

    ※4:BOS切替盤

  • 発電ユニット

    ※5:発電ユニット

ガスマイホーム発電「コレモ」の紹介ページへ