停電時のガス給湯暖房機の水抜き方法

停電時のガス給湯暖房機の水抜き方法

長時間の停電や電気ブレーカーを落とすと凍結防止装置(電気ヒーター)が働きません。
凍結の恐れがあるときは、給水元栓を閉めて機器の水抜きを行ってください。

屋外設置のFact、TES(ガス給湯暖房機)をご使用の場合の水抜き方法

停電時、凍結の恐れがあるときは、以下を参考にして機器の水抜きを行ってください。

製造メーカー 暖房回路のタイプ 主な型式 水抜き方法
リンナイ製 不凍液を使用している場合
  • ・RUFH-EM2402AH2-1KT
それ以外の機器
  • ・RUFH-E2402AH2-1KT
  • ・HT-4207ARS-AWC
ノーリツ製 不凍液を使用している場合
  • ・FT4208ARS4AWCH
  • ・GTH-C2451AWPD-T-KO
それ以外の機器
  • ・GTH-C2448AWDT-1-KO
  • ・FT-4203ARS-AWC

※機器正面の下部に【圧力計】がついている場合は不凍液を使用しています。圧力計の位置は異なる場合があります。

※室内設置機器をご使用の場合で、凍結の恐れがあるときは、取扱説明書で水抜き方法を確認してください。

不凍液使用の給湯暖房機

通常時(通電時)の凍結防止方法

凍結を予防するために

予防策1:凍結予防ヒーター等による方法

電源プラグを使用しているガス給湯器、ガスふろがま、ガスセントラル給湯暖房機の場合

  • 凍結予防ヒーター等の「凍結予防機能」が搭載されており、温度が下がると自動的に凍結予防機能がはたらきます。従って、電源プラグがコンセントに差し込まれていることを確認してください。温度を感知し、自動的に凍結予防ヒーターが作動します。
  • 但し、この「凍結予防機能」は、ガス給湯器等に接続されている配管(水道配管)の凍結予防には効果がありませんので、水道配管が凍結する恐れがある場合は、以下の予防策2をご確認ください。

電源プラグを使用しないガス給湯器、ガスふろがまの場合

  • ガス給湯器、ガスふろがまの水抜きを行ってください。水抜き方法は機種によって異なるため、詳しくはお手持ちの取扱説明書でご確認ください。

予防策2:蛇口(給湯栓)から水を流す方法

操作方法

  • 手順1:ガス給湯器等のリモコンの運転スイッチを「切」します。
  • 手順2:お湯の出る蛇口から1分間に約400ミリリットル(水の幅 約4mm)の水を流し続けてください。浴槽などで水を受けると経済的です(浴槽から水があふれることがありますのでご注意ください)。

※サーモ付きやワンレバーの混合水栓の場合は、最高温度の位置にしてください。

※シャワーから水を流す場合、シャワーヘッドは浴槽にたまった水につからない位置にしてください。

ご注意

  • 水量が不安定なことがあります。念のため、約30分後に再度水量をご確認ください。
  • サーモ付やワンレバーの混合水栓の場合は、再使用時の設定温度にご注意ください。

予防策3:水抜きによる方法

機種により方法が異なります。詳しくはお手持ちの取扱説明書をご覧ください。

ガス給湯器等が凍結したときの対処方法について

お湯の出る蛇口からお湯も水も出なくなった場合、ガス給湯器等または接続されている配管(水道配管)が凍結した可能性があります。この場合は、

操作方法

  • 手順1:ガス給湯器等のリモコンの運転スイッチを「切」してください。

※ガス給湯器等の電源プラグはコンセントから抜かないでください。

  • 手順2:気温の上昇によって自然に解凍するまでお待ちください。お湯をかけたり、ドライヤー等で温風を当てると配管等が損傷する恐れがあります。
  • 手順3:お湯の出る蛇口から水が出るようになったら、ガス給湯器等や配管から水などが漏れていないかを確認してからご使用ください。

ご注意

  • 凍結した状態で運転操作をするとガス機器の破損の原因となりますので絶対におやめください。

修理や各種お問い合わせについては、北ガスまでご連絡ください。