総合トップ > ガスを安全にお使いいただくために > 地震の時の対応

地震の時の対応

マイコンメーターは、震度5程度以上の地震が発生したら使用中のガスを自動的に遮断します。
あわてず、落ち着いて行動しましょう。

地震があった場合の対処

  • 地震だ!!と思ったら机やテーブルの下に隠れるなど、まずは身の安全を最優先してください。

  • 地震がおさまってから器具栓を閉めて、ガス栓(元栓)を閉めてください。


ガスのにおいがしたら

ガスのにおいがしたら、すぐドアや窓を開けて換気し、北ガスに連絡してください。
火気は絶対使わず、電気のスイッチにも手を触れないようにしてください。

地震のあと、ガスをふたたび使うとき

お住まいの地区 ガス臭いときの連絡先 ガスに関するお問い合わせ
札幌・石狩・北広島・小樽市銭函 011-233-5533 011-231-9511
小樽地区 0134-29-5533 0134-24-1511
函館地区 0138-41-5533 0138-41-3175
千歳地区 0123-26-8866 0123-26-8600
北見地区 0157-23-5533 0157-25-3660

地震のあと、ガスをふたたび使うときは

  • ①ガス機器周辺でガスの臭いがしないか、ガス機器本体や排気筒(煙突)に変形やずれがないことを確認してください。

  • 地震のあと、ガスをふたたび使うとき
  • ②ガス栓を開き、ガスが出ていればそのままご使用いただけます。
    ガスが出ない場合は、マイコンメーターの点滅を確認し復帰操作をしてください。


注意

地震や火災のときは、ガス機器の使用を中止し、ガス栓を閉めてください。メーターガス栓も忘れずに閉めましょう。

北ガスの地震に備えての取り組み

北ガスは、地震による二次災害の防止と早期復旧を実現するさまざまな取り組みを推進しています。

予防対策
平常時より地震に強いガス設備を備えます。
緊急対策
二次災害の恐れのある地域は直ちに供給を停止します。
復旧対策
すみやかにガス供給を再開します。

停電の時の対応